最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

ブラックリストとは

ブラックリストという言葉を聞いたことがあるでしょうか?
これは、金融会社からの借金をずっと返済していなかったり、携帯料金を未納のまま放っておいたり、クレジットカードの支払いを怠っていたりと、そういった人たちが載ってしまうリストのことです。

もちろん支払いを怠ったまま三ヶ月以上放っておくと、このブラックリストというものに載ってしまい、カードの利用ができなくなったり、インターネットでのお買い物で、後払いというものが選択できなくなってしまいます。

ブラックリストというものは、それぞれの会社にあるものではなく、いろいろな会社で滞納を続けてしまった人たちの情報管理をしている会社が持っているものです。
簡単に言うと、要注意人物を書き込んだリストということです。
もちろんその情報の中には、一部の信用情報も含まれています。
あなたが利用したクレジットカードを発行した会社に登録している情報や、インターネットでお買い物をした時の情報などが、すべてそちらに預けられています。
一度このブラックリストに登録されてしまうと、滞納している分を全て完済しなければ、そのリストから消えることはありません。
もちろん新しくクレジットカードを作ることもできなくなりますし、金融機関からお金を借りることもできません。

ブラックリストというものは、実際に存在しているわけではなく、単純に”延滞者などの要注意人物が、信用機関に登録された”ということを、ブラックリストに載ってしまったと言うようになっただけです。

自分がブラックリストに載っているかどうか、確認をしたいという人は、CICという機関に問い合わせることで、それは可能です。
申し込めば要望に応じて、登録情報を確認することができます。
もちろん本人以外に開示することはできませんが、本人確認書類があれば、手数料500円で自分の情報を確認することができます。
郵送してもらう場合は1000円かかります。
この時に教えてもらえる情報は、クレジットカードの返済履歴、ブラックリストの有無、ローンがいくら残っているか、リボ払いをしている場合はその残高などです。
もし自分がブラックリストに載っているのかどうか、あとどれくらいの返済が残っているのか気になる場合は、こちらに問い合わせて聞いてみるのも良いかもしれません。

これの賢い使い方ですが、もし結婚を考えている相手に、借金があるのではないかと思った場合、本人にこちらの機関に問い合わせて聞いて欲しいと言ってみてはどうでしょうか?
そうすることで、相手に借金があるかどうかがわかりますし、お金にだらしないのかどうかという確認もすることができます。
結婚する時、こういった情報はとても大切なものです。
もし借金まみれの人と結婚してしまった場合、その借金を一緒に背負っていかなければいけないのですから。